2013年10月19日

【予選大会】キャッツアイ新札幌大会【11/2(土)】

【店舗名】キャッツアイ新札幌
【HP】http://www.hku.co.jp/catseye/shop/index.html#satsu
【住所】札幌市厚別区厚別東5条1丁目
【アクセス】市営地下鉄東西線新さっぽろ駅9番出口から徒歩5分/JR千歳線新札幌駅から徒歩7分
【開催日】11/02(土)
【受付時間】17:00〜
【開始時間】17:30〜
【参加費】300円
【定員】32名
【ルール】
「1回戦」
・くじにより組み分けをし前半戦を行った後、再抽選をし後半戦を行います。
・各試合とも順位に応じて1位→5点、2位→3点、3位→2点、4位→1点の順位点が与えられます。
・単形式のみ使用可能。(自由形式使用禁止)
・使用したジャンルと形式の縦列が順次使用禁止となります。
・前後半戦終了後、勝ち点合計の上位16名が準々決勝進出となります。(勝ち点が同じ者がいた場合、2戦合計の得点が高い者を上位とします)


「2回戦」
・単形式のみ使用可能。(自由形式使用禁止)
・ただし1回戦で勝ち点10を獲得した者については自由形式が使用可能となります。(強制ではありません、個別形式の使用も可能です)
・1回戦からのジャンル・形式の封鎖は継続されます。
・自由形式使用者においても同様であり、封鎖されている形式を内訳に組み込むことは不可となります。
・使用したジャンルおよび、単形式を使用した場合は1回戦と同様に使用した形式の縦列が、自由形式を使用した場合は組み込んだ個別形式が封鎖されます。
・各組上位2名が準決勝進出となります。


「準決勝」
『P組』『Q組』でルールが異なります。
・2回戦各組2位の得点4位から1位→各組1位の得点4位から1位の順に希望する組を選ぶ。
・どちらかが4名となった時点でそれ以降の者は自動的に他組となります。
・各組上位2名が決勝進出となり、また決勝大会の権利を得ます。
・各組下位2名はラストワン決定戦に回ります。

『P組』
・2回戦までで封鎖されたジャンルのみ使用可能。
・2回戦までで封鎖された形式は使用不可。
・自由形式の使用は可能です。(2回戦で使用した者についても使用可)
例@:1回戦前半で芸能・タイピング、後半でスポーツ・順当て、2回戦で文系・連想を使った場合
   使用可能ジャンル:スポーツ/芸能/文系 使用可能形式:並び替え/文字パネル/スロット/R1/R2/R3/ランダム
例A:1回戦前半で芸能・タイピング、後半でスポーツ・順当て、2回戦で文系・自由形式(連想・文字パネル・R2)を使った場合
   使用可能ジャンル:スポーツ/芸能/文系 使用可能形式:○×/4択/並び替え/スロット/R1/R3/ランダム

『Q組』
・2回戦までで封鎖されたジャンルは使用不可。
・2回戦までで実際に使用した形式のみ使用可能。
・自由形式の使用は可能です。(2回戦で使用した者についても使用可)
例@:1回戦前半でライフスタイル・エフェクト、後半で理系・文字パネル、2回戦で社会・R3を使った場合
   使用可能ジャンル:ノンジャンル/アニメ&ゲーム/スポーツ/芸能/文系 使用可能形式:文字パネル/エフェクト/R3
例A:1回戦前半でライフスタイル・エフェクト、後半で理系・文字パネル、2回戦で社会・自由形式(○×・4択・R3)を使った場合
   使用可能ジャンル:ノンジャンル/アニメ&ゲーム/スポーツ/芸能/文系 使用可能形式:○×/4択/文字パネル/エフェクト/R3


「決勝」
・準決勝までの縛りはすべて解禁し、完全フリーの対戦を1戦行い順位を決定いたします。
・エキシビション的に行いますが、順位により決勝大会の組み分けに影響があります。


「ラストワン決定戦」
・準決勝までの縛りはすべて解禁となります。
・自由形式HARDのみ使用可能。
・ジャンル・組み込む形式に制限はありません。
・1位となった者が決勝大会の権利獲得となります。


【担当】こひなたひかり
【一言】遠征の出し直しと出題ミスには注意して下さいね。
posted by P4Q at 20:30| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 予選大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。